『星界の絵地図』(1)2006年02月21日 05時45分59秒


エドムント・ヴァイス 『星界の絵地図』(1892)

Edmund Weiss
Bilderatlas der Sternenwelt. Eine Astronomie fur jedermann.
Esslingen bei Stutugart, J.F.Schreiber, 1892
52pp, small folio

最初この本を見たとき、一瞬呆然として、続けて胸がぎゅっとなりました。
この表紙には言葉がありません。

星を愛する少年の夢をいっぱいに詰め込んだ、まさに「天文少年御用達」という感じがします。当時これを「枕頭の書」にした少年も多かったことでしょう。

内容的にも、39枚もの多色石版画を収めた中々贅沢な作り。

中身の方は、また少しずつご紹介していきます。

(少年、少年とごめんなさい。少女でもいいのですが、でもやはりイメージ的には少年か…)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mononoke.asablo.jp/blog/2006/02/21/262309/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。