ふわり、くるくる…フローティング・グローブ2009年11月25日 20時42分13秒

有名なドイツのステラノバ社製の浮揚地球儀。
見かけはシンプルですが、内部の電磁石の制御にはかなり高度な技術が使われているらしく、ネットで検索しても、詳しい原理がはっきりしません。

軸部の摩擦がゼロなので、少し回しただけでも、本当に長時間くるくる回っています。じっと見ていると、ふと時の流れの不思議さを感じたりもします。

この地球儀は、以前尊敬する方から頂戴したもので、大事にしているのですが、どうも地に足がつかず、フラフラしている様をいさめる意図が込められているのではないか…と、今ではひそかに思っています。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック