妖精の輪2017年04月09日 13時10分45秒

記事を休んでいる間に、神田神保町で開かれた「博物蒐集家の応接間」も終わり、そのことの振り返りもしたいのですが、先日、別イベントのご案内をいただいたので、そちらを先にご紹介しておきます。

   ★

子羊舎のまちだまことさんからご案内いただいたのは、キノコをモチーフにした、ちょっと不思議なアート展。


菌輪(きんりん) Fairy Circle ~人が足を踏み入れたことのない場所~

○会期 2017年4月22日(土)~5月2日(火) ※4月26日(水)は休廊
      11:00~19:00(最終日は17:00まで)
○会場 銀座 スパンアートギャラリー
      (中央区銀座2-2-18 西欧ビル1F)
      地下鉄 銀座一丁目駅 徒歩0分、JR有楽町駅 徒歩3分
       〔MAP http://www.span-art.co.jp/aboutus/index.html
○出品作家(敬称略)
  東 逸子、飯沢耕太郎、伊豫田晃一、内林武史、オカムラノリコ、おぐらとうこ、
  北見 隆、shichigoro-shingo、鈴木陽風、諏訪孝志、瀬戸 照、高橋千裕、
  多賀 新、建石修志、とよ田キノ子、丹羽起史、長谷川友美、ヒロタサトミ、
  深瀬優子、まちだまこと、山田雨月 、山本もえ美

上記ページから引用させていただくと、「菌輪とは、キノコが地面に環状(あるいはその断片としての弧状)をなして発生する現象、あるいはその輪自体のこと」であり、森の中や、野原に突如出現するキノコの輪状群生は、いかにもお伽の国めいた存在で、英語圏ではこれを妖精の仕業と見なして、「Fairy Circle」の名がある…というのが、イベントタイトルの由来であり、「菌類や粘菌(変形菌)、きのこをテーマに、様々なイメージの作品が集結。画廊はまさに、大きく不思議な菌輪と化す」のです。

   ★

今回の催しは、純然たるアート展で、生物学的視点からキノコ類を見たものではないようですが、この『天文古玩』が、学問としての天文学を離れて、「天文趣味の歴史」や「人が宇宙に向ける視線の歴史」にウェイトを置くように、もし『菌類古玩』というようなサイトがあったら、今回のイベントには、必ずや深甚な注意を払い、「菌類趣味の歴史」や、「人が菌類に向ける視線の歴史」を語る材料として引用し、倦まず考察するに違いありません。

   ★

私自身は、それだけの知識も見識もないので、こうした「菌類趣味」の隆盛について、何かを語ることは難しいですが、それでも、かつて自分が書いた文章を読み返して、「なるほど」と思ったことがあります。(自分の文章に膝を打つのも馬鹿っぽいですが、内容はたいてい書いたそばから忘れてしまうので、自分の文章も、何だか他人が書いたような気がします。)

それは(今回と同様)まちださんからお知らせいただいた、3年前のイベント「CRYPTOGAMIA Ⅱ ―秘密の結婚Ⅱ―」を紹介する記事の中で、「キノコはなぜ愛されるのか?」について記した一文です。
以下、拙文から引用(http://mononoke.asablo.jp/blog/2014/11/15/)。

----------------------------------------------------
キノコはなぜ愛されるのか?

キノコ好きの人にとっては、おいしい食用キノコばかりでなく、危険な毒キノコまでもが魅惑の対象となります。その理由はさまざまでしょうが、子羊舎さんのDMにも見られるように、キノコは擬人化されやすいというのが、大きな理由の1つでしょう。
反対に、人間をキノコにたとえたのが稲垣足穂で、彼は人間を「魚臭いヒトヨダケ」と呼びました。

  頭でっかちのシルエット。
  驚くほどもろいのに、驚くほどしたたか。
  孤独なようでいて、菌根で目に見えぬネットワークを形成する集団性。

まことに人間臭い連中です。
そもそも、おいしい奴と喰えぬ奴がいるところが人間臭い。
そして、喰えぬ奴の方が、往々にして面白かったりするのも人間界と同じです。

(引用ここまで)
------------------------------------------------------

戦艦や日本刀は言わずもがな、最近は何でも擬人化するのが流行っています。
果ては素粒子もキャラ化され、世界のすべてを「萌え的原理」に還元する試みもあるやに聞きます。

擬人化というのは、何となく安易な人間中心主義を連想させますし、近いところでは、19世紀の博物学が擬人化を多用し、自然界に通俗道徳を持ち込んで破綻した過去もあり、そうした歴史を踏まえれば、擬人化というのは、相当用心が必要だと思います。

でも、考えてみたら星座だって擬人化の産物だし、「神」観念も一種の自然の擬人化に他なりません。昔も今も、海は時に優しく、時に荒れ狂い、そして山は笑い、眠り、粧うものです。

人間は宇宙を擬人化すると同時に、自らをミクロコスモスとして、「擬宇宙化」して理解しようとしてきました。人間が、世界を自分の似姿として、両者をパラレルなものと見なすことは、相当深い根のあることで、人間が人間であることを辞めない限り、今後もそこから脱することは困難でしょう。

   ★

…話が横滑りしました。

でも、こんなふうに、キノコのアートを見て、そこに擬人化の機制を感じ取り、さらに人間自身にとって擬人化とは何なのかを考える…というような、迂遠な時の過ごし方こそ、最近の自分に最も欠けていたもので、これぞ思考の菌輪、観念のフェアリーサークル。何だか自分という存在が、一個の菌群のようにも感じられる瞬間です。



コメント

_ S.U ― 2017年04月11日 07時28分43秒

>菌輪
 菌輪と同じ原理のものかは知りませんし、イメージ的にははるかに下るので恐縮ですが、私は、白癬菌が人間の皮膚上に作る円形の炎症を連想しました。白癬菌の個々の粒はあんなに小さいのに、どうしてあんな正確な円形が描けるのか、白癬菌の大きさと円の直径を比べると1000倍以上違うのですから、何か遠隔力が働いているように感じます。

>素粒子もキャラ化
 考えてみれば、素粒子は究極の無個性状態(あらゆる属性を分離切断していった状態)と期待されますから、キャラ化できるような素粒子は、本当の意味では素粒子とは言えない存在のかもしれません。もっと背後に得体の知れないものが潜んでいることを示唆しているのでしょう。
 それとも、それにも増して「キャラ化」の威力は強大で、およそ宇宙の概念にキャラ化できないものはなく、宇宙物質界の究極の仕組みであってもキャラ化できるのかもしれません。
 はたして、素粒子が勝つのかキャラ化が勝つのか、素粒子物理の発展を楽しみに期待したいと思います。

_ 玉青 ― 2017年04月11日 22時17分38秒

>白癬菌

これは一寸いやな妖精の輪ですね。(笑)
人が足を踏み入れたことがない場所というか、できれば踏み入れたくない場所です。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mononoke.asablo.jp/blog/2017/04/09/8452186/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。