ハンミョウの教え2018年02月19日 20時14分15秒

ほぼ半月ごとにやってくる「二十四節気」。
節分後の立春に続いて、今日は「雨水(うすい)」。このあとは「啓蟄」、「春分」…と続きます。そう聞けば、春寒のうちにも真の春が近づいたことを知ります。

   ★

ふと思いついて、今日は昆虫の話題です。



ハンミョウは、「キキンデラ・ヤポニカ」の学名どおり、日本の固有種で、ハンミョウ科の中では日本最大の種でもあります。「ハンミョウ」という語は、ハンミョウ類の総称としても使われるので、特にこの種を指すときは、「ナミハンミョウ」という言い方もします(「アゲハ」と「ナミアゲハ」の関係と同じです)。


生きているときは、妖しいほどに美しい甲虫ですが、死後はすみやかに色が褪せてしまいます。この標本も、これだけ見ると美麗な感じですが、宝石のような生体とは比ぶべくもありません。何となく「落魄(らくはく)」という言葉を思い浮かべます。

(ウィキペディアより)

ハンミョウの美しい色彩は、命の輝きそのものです。
そして、ハンミョウのような目に見える華麗さはないにしろ、人間だって、他の生物だって、生きている限りはこんな輝きを放っているに違いないと思うのです。

ここで私の心には、さらに二つの思いが去来します。
「どんなに立派な輝きを放っても、死んでしまえば終わりじゃないか」という思いと、「だからこそ、その輝きが大切なんだよ」という思い。もちろん、どちらが本当で、どちらが嘘ということはなくて、いずれも真実です。

個人的な実感を述べると、人生が長く感じられた若い頃には、前者の思いが強く、余生が乏しくなった現在は、後者の思いに、よりリアリティを感じます(若い頃は、何となく後者を建前のように感じていました)。身近な人のことを考えるとき、一層その思いは強く、今を精いっぱい輝いて欲しいと願うばかりです。

ハンミョウの命の輝きを奪った当の本人に、果たしてこんな述懐が許されるのか、疑問なしとしません。でも、死せるハンミョウは、蓮如上人の「白骨の御文」よりも、腐朽する屍に生の無常を観ずる「九相図」よりも、さらに鮮やかに生と死の意味合いを、私に告げてくれている気がします。

コメント

_ S.U ― 2018年02月20日 07時44分29秒

>ナミハンミョウ
 きれいな色が残っていますね。人生は長いほどよいとか終わりよければ全てよいとかいう考えが以前は多かったように感じますが、今は、人生のどこかで一瞬なりとも輝けば、あとは零落しても高く評価するべきと強く感じます。

 ナミハンミョウは、ナムミョーホーレンゲキョーみたいな仏教的響きです。語源は何なんでしょうか。ナミは「並み」と思います。斑猫と書くそうですがなんでネコなんでしょうか。ぶち猫は世にいますがネコの中でもこんな派手な方ではないです。

_ Nakamori ― 2018年02月21日 11時13分05秒

トンボやバッタも生きている間はものすごく美しいですが、死んだらだめですね。この手の生き物は標本よりもむしろ絵の方がその美しさを留めておくには優れているように思います。

嗚呼、人生のどこかで一瞬なりとも輝きたし。

_ 玉青 ― 2018年02月22日 06時34分04秒

○S.Uさま

早速、荒俣宏さんのお世話になったのですが、どうもハンミョウの歴史は入り組んでいます。「斑猫」の語はもちろん中国に由来するのですが、本場の中国でもこれは当て字で、本来は「斑蝥(パンミョウ)」と書き、「斑点があり、矛のように刺す虫」の意である由。斑猫はその転化ですが、ややこしいことに「斑猫」という生物はもともと別にいて、そちらはフクロウの一種を指すそうです。そしてまた日本でいうハンミョウと、中国でいうハンミョウは別の種類の昆虫で、中国のハンミョウは、日本でいうところの「ツチハンミョウ」を指し、これは科のレベルでハンミョウ(キキンデラ・ヤポニカ)とは異なります。どうも江戸の考証家が考証過程で取り違えたようです。

○Nakamoriさま

その輝きは目で捉えがたいですが、人間も生きている限りは常に輝いていると思いたいです。(中には頭部が目に見えて輝いている人もいて、大いに勇気づけられます。)

_ S.U ― 2018年02月22日 08時17分00秒

これは、お調べをありがとうございます。高度な内容がたちどころにわかり、荒俣さんも玉青さんもありがたいことに存じます。とてもややこしいですね。

 「蝥」の字は見慣れず、私の目には到底見えないので、Wordにコピペして36ポに拡大して見ますと、確かに「矛」を内蔵していました。少なくとも刺す虫なんでしょうね。(ツチハンミョウが刺すんでしょうか) 
 こんどは鳥の斑猫が気になります。画像検索ではわかりませんでした。学名とかご存じでしたらお教え下さい。

_ 玉青 ― 2018年02月24日 11時32分20秒

「斑猫」は一体どんな鳥なんでしょうね。正体は分かりませんが、フクロウの仲間と聞くと、ピンと耳の立ったミミズクを連想します。あれは確かにネコっぽい感じですね。

_ S.U ― 2018年02月24日 22時33分09秒

>ミミズク~ネコっぽい感じ
 にゃあるほど。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック