余滴2020年01月11日 13時39分43秒

イラン情勢は小康状態に至ったようで、本当に良かったです。

   ★

イランといえば昔のペルシャ。
そして、イスラム化する前の古代ペルシャ世界で人々の心をつかんだのが、光と炎をあがめるソロアスター教です。

「世界は光と闇の闘争である。」――ゾロアスターはそのように説きました。
まあ、善と悪が長い時を超えて、常に角逐を続けている…というのは、ゾロアスター教に限らず、世界の諸民族に共有されてきたイメージでしょう。

諸国の戦争指導者も、「これは光と闇の戦いである」みたいな言い方を好みます。
現実が神話と違うのは、現実世界では、こちらがそう言えば、向こうもそう言うことです。どちら側から見ても、こちらは常に光で、敵は常に闇なのです。

でも、生身の人間の戦争なんて「闇と闇の戦い」に決まっています。
人間世界に真の光と闇の闘争があるとすれば、それは賢明で柔和な心が、蒙昧で凄惨な心に圧倒されないよう、不断に自省することこそ、それだと思います。

   ★

我ながら一寸お説教じみたことを書きましたが、まあ何にせよ戦争はよくないです。
戦争も外交手段の一つに過ぎないと言う人もいますが、一面確かにそうでも、人間に蒙昧で凄惨な心がある限り、それだけではすまないのが戦争の恐ろしさです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック