回転式星座指導盤2020年06月01日 05時39分52秒

このブログは、ブラブラ歩きの散歩のようなものです。
散歩なればこそ、途中でふとした発見があるのです。

   ★

2年前に「世界最大の星座早見盤」という記事を書きました。
そのとき日本の巨大星座早見の例として挙げたのが、京都のゲストハウスに飾られていた逸品です。そのゲストハウスは、あの異色の古道具カフェ、ラガード研究所の淡嶋さんが経営されている不思議な宿で、そこに泊めていただいたのは、さらにその2年前、2016年のことでした。

(画像再々掲)

その巨大早見の正体がふと知れました。
このところ星座早見盤のことを調べていて、一昨日の記事で引用した理科教材カタログ(1955年)の中に、偶然それを見つけたのです。


「回転式星座指導盤」というのが、その正式名称。
以前の記事では7~80cm四方と見込みましたが、実際には3尺すなわち90cm四方と、一層大きなものでした。時代は昭和30年代でほぼ間違いなく、ただ1955年(昭和30年)の出版物に載っているということは、売り出されたのは昭和20年代に遡るかもしれません。

写真で読み取りがたかった文字も、そうと分かれば「星座指導盤」とはっきり読めるし、その上の文字は「中村式」で、当時の中村理科工業(現・ナリカ)製と見当が付きます。

   ★

散歩は小さな旅であり、旅は大きな散歩―。
こうした小さな出会いの妙に人生を重ねて、いろいろ思うことが多いです。
世の中に落ち着きが戻ったら、懐かしい出会いと新たな発見を求めて、また京都に行きたいなあ…と、そんなことも思いました。

コメント

_ 錯乱円 ― 2020年06月03日 02時19分23秒

90cm四方サイズの星座早見板は学校での必需品?らしく、ヤガミという会社から現在でも市販されています。
http://ec.yagami-inc.co.jp/shop/o/o4555400-R01
このページの「キーワード検索」で「星座」を検索すると渡辺式の60cmサイズのものも出てきます。
恐らく学校の理科室に眠っているのでしょう。
両方で11万円ですが、定額給付金が出たら1万円足すだけで両方買えますよ。
ウチには90cmの方がありますw

_ 玉青 ― 2020年06月03日 07時11分48秒

おお、これは!
今もありましたか!!!

今はアプリ応用の視聴覚教材なんかでチャチャっと授業しているのかな…と、漠然と想像していたのですが、こういう存在感のある「モノ」が堂々と使われていることを知って、何だか嬉しく且つ頼もしい気がします。

私も部屋の一隅にバーンと掲げたい気がするのですが、どうもスペースとお値段の壁に阻まれてしまいますね。(定額給付金は…うーん、やっぱり生活の足しになってしまいますかねえ。。。)

錯乱円さま、貴重な情報をお知らせいただき、ありがとうございました。<(_ _)>

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック