『バリットの天体アルバム』(3)…木星2006年06月29日 05時52分42秒

キャプション 「E・C・スライファー撮影。1915年10月19日、アリゾナ州フラッグスタッフのローウェル天文台にて。専門家たちによって、史上最高の木星写真と呼ばれた。」

☆   ☆   ☆

 ローウェル天文台で活躍したスライファー兄弟の弟、アール・スライファー(1883-1964)の手になる歴史的写真。彼はコンポジット法(画像合成)の創始者であり、この写真もおそらくその成果でしょう。90年以上前の写真ですが、異様に鮮明な細部が表現されています。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック