「宿曜経」の話(2)…参(しん)は猛悪にして血を好むか?2012年07月18日 05時40分21秒

濃い青空、真っ白な雲、そして蝉の声の季節がやってきました。
それにしても暑いです。カルピスを飲んで、乗り越えねば。

   ★

さて、諸星大二郎の「暗黒神話」を話題に出しましたが、あれから35年目にして知った驚きの真実。

それは、「宿曜経」の中に、「参(しん)は猛悪にして血を好み、羅喉(らごう)は災害を招(よ)ぶ」という、肝心の文句は出てこない、ということです。

(宿曜経上巻、「参」についての記述)

諸星作品に深い影響を受けた者として、にわかに受け入れがたいことですが、これは他の書籍からの引用か、あるいは諸星氏の純粋な創作に違いありません。




宿曜経に書かれているのは、単に「月が“参宿”(しんしゅく)にある日は、血を食べる日だ」という生活規範(※)と、「“参宿”の下に生まれついた人は、性格が猛悪(=乱暴)だ」という性格占い的な記述だけです。何かおそるべき神秘的事実が、そこで説かれているわけではありません。

(※)これはまがまがしい意味ではなく、ブラッドソーセージのような、現実のインドの食生活を反映した表現だと思います。宿曜経は、月の天球上の位置に応じて、日替わりで「果物を食べる日」とか、「乳粥を食べる日」とかを定めています。

   ★

さらに羅喉(らごう)にいたっては、宿曜経にはその名前すら出てきません
(羅喉は、日月食を引き起こす魔物。その正体は諸説ありますが、天球上の月の軌道(白道)と太陽の軌道(黄道)が交わる点を、一種の「仮想天体」とみなして神格化したのだろうという説が有力です。)

(羅喉。矢野道雄前掲書より。矢野氏は「らこう」と澄んで読んでいます。)

   ★

とどめは、作中の武内老人の言葉とは違って、参(しん)はオリオンの三つ星を指すのではないという事実。こうなると、「暗黒神話」のストーリー自体、崩壊に瀕してしまうので、ファンとしては複雑な思いです。

もちろん、東洋天文学史に関心のある方ならば、「え、参って三つ星のことでしょう?」と思われると思います。たしかに中国星座で言うところの参は、三つ星を指すのですが、宿曜経に出てくる参は、同じオリオン座でも、ベテルギウスを意味するそうです。
その証拠に、宿曜経では「参は一星、形は額上の点の如し」(参は一つの星から構成されており、その形はインドの人の額に見られる点のようだ)と解説されています。

なぜこんなことになったかというと、1日ごとの月の天球上での位置を示す「宿(しゅく)」の考え方は、中国でも、インドでも古くからあって、それぞれ独自に星座を当てているのですが、インド天文学を中国語に翻訳する過程で、位置的に一番近い中国星座を当てたために、実際には「同名異体」となっている例が多いのです。

   ★

なんだか話が枝葉に入って、宿曜経そのものについて何も書いてないですね。
その辺のことを次回書ければと思いますが、あまり分からず書いているので、自信はありません。

それにしても、「暗黒神話」にはやられた…。

(この項弱々しくつづく)

コメント

_ たつき ― 2012年07月19日 01時58分08秒

玉青様
そんなことだとは知りませんでした。だまされた感じで、軽くショックです。私も「羅喉は災害を招ぶ」という言葉は忘れられないセリフだったので。
しかし、それと作品の評価は違うと私は考えます。
むしろ、ここが創作のいいところでもあるとも言えるのではないのでしょうか。いろんなネタをふくらませて、自分の望み通りの新たな歴史・世界を創造する。そして、読者をきれいにだましながら面白がらせる。本当の歴史はもっと深く不思議に満ちたものだったんだ、と思わせてしまう。史料にしばられた学者にはできない、素晴らしいことでしょう。
以前、山折哲夫という宗教学者と夢枕獏の対談を見にいったことがあります。そのとき、次作の構想を語っている夢枕獏に(この人もでっち上げの天才ですから)「作家はいいな」と山折さんがつくづくうらやましそうに言っていたのを覚えています。
多少腹は立ちますが、創作にはだまされてこそのものと、ここは思っておきます。

_ 玉青 ― 2012年07月19日 21時42分21秒

>創作にはだまされてこそのもの

まさにそうですね。まあ、あまり嘘偽りばかり並んでいては興ざめですが、事実の合間にほどよく「でっち上げ」がブレンドしてあるところに、「だまされる快感」が伴うのでしょうし、そこにこそ創作の秘密もあるのだと思います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック