夏の果て2016年08月31日 06時16分28秒

8月の終わりは、八月尽(はちがつじん)」という季語になっています。
俳句の約束事では秋の季語ですが、実感としては「夏の終わり」そのものでしょう。

  八月尽の 赤い夕日と 白い月    中村草田男

…という句は、朱夏と白秋の交代を念頭に置いた、いささか理に勝ち過ぎた句ですけれど、まさに夏と秋が交錯する瞬間を切り取ったものと思います。

   ★

夏の終わりの独特の気分は、おそらく子供時代の夏休みの終わりの気分を引きずっているのだと思いますが、何だか無性に寂しいものです。

誰もいない浜辺で、黙って海の音を聞いている自分を想像して、過度に感傷的になったりするのも、この時期特有の心の動きです。

   ★

このところ身辺がバタバタして、なかなかノンビリした気分になれませんが、今日一日は、ゆく夏を惜しんで、心の浜辺をさまようことにします。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mononoke.asablo.jp/blog/2016/08/31/8166471/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。