閑語…風雅の技法2020年05月15日 18時26分49秒

私のツイッターのアカウント(https://twitter.com/astrocurio1)は、ブログ更新の自動通知用で、ツイッター固有のつぶやきというのはなかったんですが、ここに来てさすがに腹に据えかねたので、今週になって3回だけつぶやきました。ここではいつもと順序を逆にして、それをブログの方に転記しておきます。

1つめは5月10日です。

 無理が通れば道理が引っ込むのはまっぴらです。
 #検察庁法改正案に抗議します

2つめは5月12日。

 言うべき言葉を知りませんが、
 あえて言えば
 「薄汚い」
 あえて言えば
 「火事場泥棒の上に、盗っ人猛々しい」
 あえて言えば
 「破廉恥きわまりない」
 #検察庁法改正案に抗議します 
 破廉恥すぎる。

そして3つ目は今日、5月15日でした。

 これ人道に外れ、天道をも畏れぬ所業と申すべく、
 奸佞邪知の輩、天網の逃れ難きを知らざるか。。。
 #検察庁法改正案の強行採決に反対します

   ★

いずれも掛値なしの正直な気持ちですが、つづめると「破廉恥」の一語に集約されます。私に他人のことをとやかく言う資格はありません。でも、少なくとも政を司る者には、それ相応の規矩が自ずとあるべきで、あまりと言えばあんまりです。

   ★

自分にないものに憧れるのは人の常。
私も廉恥心に欠けるからこそ、それを大いに涵養すべく、たまたまデパートの催事コーナーで見つけた、以下の印章を落款印として用いています。


「玉潔冰清(ぎょっけつひょうせい)」

訓みは「玉のごとく潔く、氷のごとく清らかなり」ということで、君子の心を、透き通った玉と氷に喩えた語句です。…というと、ますます私の濁った心からは遠ざかっていきますが、その最初の文字と最後の旁(つくり)をつなぐと、そこに「玉青」の名が浮かび上がるではありませんか。

牽強でも何でも、ここは君子にあやかって、気分だけでも大いに清廉の気を吐いて、奸佞に抗おうと思います。(印章の背景は竹林七賢図の拓本)

コメント

_ S.U ― 2020年05月16日 17時39分43秒

「玉潔冰清」の落款、これは羨ましいです。

 自分ができないことを他人に言いにくいのは事実ですが、それを厳密に守ると、政治家のみならず、教師も親さえもなり手がなくなり、ひどい人手不足になることでしょうから、手前勝手もやむを得ません。せめて、御落款に倣い、高潔の志と自省の心を忘れず、他人の批判を謙虚に受け止めること心がけたいと思います。

 特に、政治家は、他人からの批判を聞くのも「メシのタネ」という職業だと思いますが、昨今の政治屋の方々にはそれすら難しいかもしれません。

_ 玉青 ― 2020年05月17日 08時30分40秒

>教師も親さえもなり手がなくなり

(笑)いやあ、大いに心が軽くなりました。
まあ何事も大切なのは「こころざし」ですね。
それすら無い、いやあるのは「悪のこころざし」だけだ…なんて手合いには、もはや何をかいわんやです。今週もひきつづき奸佞な振る舞いに注視したいと思います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック