キリコ天文館2014年11月19日 20時30分13秒


(キリコ、「街の神秘と憂鬱」、1914)

ジョルジョ・デ・キリコ(1888-1978)。
シュルレアリスムの先駆者にして、「形而上絵画」の提唱者。
ちょうど明日(11月20日)が彼の命日です。

   ★

中国のプラネタリウム切手に、ふとキリコを連想しました。

(北京天文館、1959)

「森閑」という言葉が相応しい絵。
静けさと不穏さが同居している感じです。

   ★

北京天文館は1957年に完成したプラネタリウムを中心とする科学館。2004年にはガラス張りのモダンな新館がオープンしましたが、愛すべき旧館も健在です。

北京の天文施設といえば、明代の1442年に創建された、古式天文台(「観象台」)が、観光スポットとして有名ですが↓、両者は結構離れていて、故宮をはさんでちょうど正反対の位置になります。(…と、今知ったばかりのことを、さも知ってるかのように書いています。)

(天文館の公式サイトより。http://www.bjp.org.cn/col/col5/index.html

(左上の青いマーキングが天文館、右下のバルーンが観象台。)

   ★

世の中の動きから目が離せませんが、その合間に敢えて呑気な話をする霜月の晩。

コメント

_ S.U ― 2014年11月19日 21時10分20秒

私は、キリコと聞けば「ドクター・キリコかい?」と言う程度の者ですが、ファンの方がいらっしゃるかもしれないのでご紹介しておきます。

 来週の日曜(11/23 朝9時)のNHK・Eテレの「日曜美術館」は、キリコがテーマで、おそらく展示中の汐留ミュージアムでのキリコの展覧会などが紹介されるものと思います。

http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2014/1123/index.html

_ 玉青 ― 2014年11月20日 07時05分11秒

これは!
ご紹介ありがとうございました。上手くシンクロしましたね。
放映を楽しみにしています。

_ S.U ― 2014年11月20日 19時55分03秒

>上手くシンクロ
 偶然にしてはシンクロしすぎです。冒頭の紹介作品「街の神秘と憂鬱」まで両webページで一致していますよ。

 ところで、ジョルジョ・デ・キリコは1978年に亡くなったのですね。知りませんでした。はっと思って、ドクター・キリコの出てくる手塚治虫の「ブラック・ジャック」の連載期間をしらべたところ、『週刊少年チャンピオン』での連載が終わったのも1978年で、シンクロしていました。

 北京天文台に関するコメントが出てこなくてすみません。私は、「観象台」は、故宮の公園の内部にあるのかと思っていたら、ぜんぜん離れているのですね。

_ 玉青 ― 2014年11月21日 06時58分32秒

絵師キリコ、医師キリコ、共に逝く。
「HERO」の死。寂しいことですが、「時間よ止まれ」と思っても、「絶体絶命」。「タイムトラベル」するわけにもいきませんし、移り行く「季節の中で」「わかれうた」を口ずさみながら、「微笑がえし」で「いい日旅立ち」。まあ、いずれ「ガンダーラ」で会えるかもしれませんが…

1978年、懐かしいですね。いい曲もたくさんありました。

_ S.U ― 2014年11月21日 19時51分55秒

>1978年
 特別に画期的な時代ではなかったと思いますが、迷いながらも夢のある青春でした。

_ テレポール ― 2014年11月24日 22時21分12秒

キリコいいですね。大好きな画家です。
今回の東京での「キリコ展」のために、上京しようかと思いましたが、この「街の神秘と憂鬱」が展示しないようですので、やめにしました。
どちらかというとマネキンのオブジェなどが無い方が好きなので。

_ 玉青 ― 2014年11月25日 06時27分10秒

ああ、テレポールさんも。
私が初めてキリコの作品に触れたのは、高校の美術の教科書でしたが、あの時の印象は忘れがたいです(「塔」という作品でした)。今度の日曜美術館の再放送は見逃さないようにしなければ…

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック