和本の世界、過ぎゆく世界2017年10月05日 21時42分51秒

昨日、一通の封書が届きました。
F書房…と、イニシャルでお呼びする必要は、もはやないでしょう。その筋では有名な「ふくべ書房」さんが、このたび営業を終えられたというご案内でした。


ふくべ書房さんは、理系・博物系古書の専門店として、長く神保町に門戸を張り、その恐るべき質と量の在庫によって、マニアを眩惑し続けたお店です。

昨年、在庫整理のバーゲンセールがあり、さらに神保町から埼玉に移転されると伺ったときも、よもや完全に営業を終えられるとは思っていなかったので、この通知には少なからず衝撃を受けました。


定期刊行のカタログには、毎号「江戸の自然あります」の文字が―。

一口に「古書」と言っても、その範囲は広いですが、ふくべ書房さんは、江戸~明治の和綴じ本が主力商品で、和本というのは、現代日本人にとっては非常に遠い――ある意味、洋古書よりも遠い――存在ですから、その品揃えを眺めるだけで、一種エキゾチックなムードを感じたのでした。


ふくべ書房さんで注文した本が届いたとき、そこには常に喜びと驚きがありました。
本の中身は言うまでもありません。さらに、その外見がまた驚きを誘うものでした。
…といって、それらの本が、格別特異な風采だったわけではありません。和本には往々にして付き物の、古風な帙にくるまれていただけのことです。

でも、ある時、その帙が元からのものではなく、ふくべ書房さんが一つひとつに誂えたものと知って、店主の奥村氏がどれほど古書を大事にされているか、その古書に寄せる思いの深さを知って、驚いたわけです。

(明治版の 岩崎潅園著 『本草図譜(山草・芳草部)』。わりと廉価な本ですが、こうして帙にくるめば保存に便利だし、古書としての表情も華やぎます。)

   ★

何だか、いかにも上得意のような顔をして書いていますね。
でも、あけすけに言えば、私は上客でも何でもなくて、同店の商品ラインナップからすると、最も安価な部類の品を、時々思い出したように買わせていただいただけです。
しかし、そんな零細な客に対しても、自筆のお礼状を一通一通出されているところに、店主の御人柄がしのばれ、心に温かいものが通います。

閉店を惜しむ気持ちはもちろんあります。でも、それは言っても詮無いことでしょう。
今はその思いをこうして語ることで、滋味豊かな古書の世界が、これからも永く続くことを祈るばかりです。

   ★

書きながら、以前台湾で営業されていた胡蝶書房さんのことを、「ある書肆との惜別」と題して書き記したことを思い出しました。

たしかに美しい世界も無限には続きません。でも、陳腐な言い方になりますけれど、その美しい世界は記憶の中にこうして生き続けており、のみならず、そこでいっそう美しく輝くものです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mononoke.asablo.jp/blog/2017/10/05/8695099/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。