マッチをくわえた「月の男」(その3)2017年11月07日 21時09分12秒

銅の月、銀の月とくれば、次は金の月の出番です。
もちろん本当のゴールドではなく、金色に光る真鍮に過ぎませんが…


今度の月は、丸まるとした満月。


これまた頭部がふたになっていて、そこにマッチ擦り用のギザギザがあります。

ときに、1枚目の画像と見比べていただきたいですが、最初の写真ではにこやかに笑っていた月が、こうしてうつむくと、何だか悲し気な表情に見えます。

これは能面もそうで、能の世界では、こうした所作を、「面(おもて)を曇らす」と呼ぶようです(逆に仰向け気味にする所作は、「面を照らす」)。無表情の代名詞の能面ですが、こんな風にちょっと角度を変えるだけで、そこに千変万化の表情が生まれます。

   ★

さらにまた、この月のヴェスタは、いっそう劇的な変化も見せます。
こちらはまるで文楽や京劇の早変わりのようです。


上の月をくるっと裏返したところ。
昨日の銀の月と同様、この月も裏と表で、Happy face と Sad face がくるくる入れ替わります。

ひょっとしてですが、昨日の「笑顔の三日月」と「泣き顔の有明月」から類推するに、笑顔が満月で、泣き顔が新月なのかも。でも、上り調子はむしろ新月で、これから下りに向かうのが満月だから、裏表逆かもしれんぞ…とか、つい月に人生を重ねて見てしまいます。

泣く月と、


笑う月。


まあ、事の真偽は、月たち自身に話し合いで決めてもらいましょう。

   ★

実に表情豊かな月のヴェスタ・ケース。
すでに実用性を失った品だけに、いっそうそこには雅味が感じられます。

月光派としては、常に懐中に忍ばせ、月無き夜にはそっと空にかざして心を慰め、一人でグラスを傾ける折には、そっとカウンターに置いて、気の利いた話し相手を務めてもらうのがいいかもしれませんね。

コメント

_ 鍋鶴 ― 2017年11月14日 18時58分07秒

今晩は。マッチを使う機会って少なくなりましたね。顔付きの月や太陽を見るとムーンフェイズ付きの時計を思い出します。刻々と変わる月に、表情やその時の感情を投影するのは、自然な事かもしれないですね。

_ 玉青 ― 2017年11月14日 23時20分55秒

嬉しいにつけ、悲しいにつけ、月はまことに良き友ですね。
責めることも褒めることもせず、いつでも黙って付き合ってくれるのが嬉しいです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mononoke.asablo.jp/blog/2017/11/07/8723005/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。