古望遠鏡は時を超え、山河を越えて2020年05月09日 09時28分38秒

この世界では、時に意外な偶然が生じます。
「そりゃそうさ。何せ世界は広いんだから。いくら確率の低いことだって、母数が大きくなれば、当然起こりうるわけさ。」と言われれば、“まあそんなものかな”と思いますけれど、しかし、その偶然が他でもない我が身に生じたとしたら…。しかも、この「天文古玩」という、ちっぽけなブログの中でそれが起こったとしたら…。やっぱり、これは不思議の感を催さないわけにはいかないでしょう。

   ★

ビンテージ望遠鏡界にその人あり。
香川県の「天体望遠鏡博物館」の創立メンバーとして、今もその中心で活躍されているガラクマ(白川)さんから、最近お知らせいただいたことが、その「偶然」です

ガラクマさんは、今春青森を旅行された際、明治の天文史に異彩を放つ奇想のアマチュア天文家・前原寅吉(1872-1950)が使用した望遠鏡の現物をご覧になったそうです。その望遠鏡というのは、下の絵葉書に写っている面々。

(キャプションにある「天文山」は寅吉の号。画面左はオリジナルの包み紙)

(絵葉書の拡大)

これらの望遠鏡のうち、少なくとも3台は現存しており、現在前原家のご子孫から「八戸ポータルミュージアム『はっち』」に寄託されています。

(出典:ガラクマの ウダ話 当該記事は2020/03/5掲載の「No.575 前原寅吉の望遠鏡」)

前原寅吉翁のことは、このブログで何度も取り上げており、下の記事からさらに過去記事へのリンクが張られています。

■前原寅吉、北の地で怪気炎を上げる(前編)

ですから、ガラクマさんからのお便りを読むなり、「ああ羨ましいなあ」と思ったのでした。でも、上で述べた「偶然」とは、そのことではありません。私が心底驚いたのは、「ところでTさんのお持ちの望遠鏡、前原寅吉の望遠鏡の一つと同じですね。」という一文を目にしたからです。

「!!」と、声にならぬ声をあげて、しげしげ見たら、なるほどたしかにそうです。
「はっち」に展示されている下の望遠鏡、古絵葉書だと左下に写っているのは、確かに以前記事にしたものに他なりません。

(ガラクマさん提供)

■ある望遠鏡の謎を追う(前編)(後編)

(上掲記事「前編」より)

ガラクマさんに教えていただくまで、まったく気づきませんでした。まさに灯台下暗し。かつて寅吉が覗いた望遠鏡と同じ型の望遠鏡が、いつの間にか私の部屋にあったという偶然。それも決してメジャーな望遠鏡でなく、メーカー名も知れない望遠鏡であるというのが、いっそう奇遇めいて感じられます。

   ★

こうして、敬慕して止まぬ寅吉翁との距離はいっそう縮まりました。
まあ、他人からすれば些細なことでしょうが、私にとっては大きな出来事で、このコロナ禍の中、心がポカポカ温まる快事となったのでした。(ガラクマさん、どうもありがとうございました。)

コメント

_ S.U ― 2020年05月09日 16時44分57秒

あぁ、よかったですねぇ。こちらまで心が温まりました。

物は人をめがけてやってくるのでしょうか

それとも、単に「数打ちゃ当たる」でしょうか 

(それでも蒐集趣味には、「量」が「質」に転化する瞬間があると思います)

_ ガラクマ ― 2020年05月09日 23時03分17秒

 取り上げて頂き、ありがとうございます。
知恵袋として、玉青さんの天文古玩は傑出しており、本件も含め(データベースとしても)参考にさせていただきます。

残りの1台の望遠鏡についても、日本科学史学会の「科学史研究」2020年4月号で、ちゃんと保管、管理されていることを知り、安心しました。

 前原寅吉。おもしろいお方と思います。

_ 玉青 ― 2020年05月10日 11時09分53秒

○S.Uさま

ありがとうございます。
パスツールは「幸運は備えある心のみに宿る」と言ったとか、言わないとか。
今回の件もまったくの偶然に過ぎないとはいえ、その生起確率を高めたものこそ我が意志の力なり…とか何とか、ここは厳かに呟くことにしましょう。(笑)

○ガラクマさま

それを伺い安心しました。
しかし、人間もけっこう長生きですが、望遠鏡はいっそう長命ですね。
ただ、そのためにはそれを守りする人間がいないとダメですから、ガラクマさんと皆さんの活動がいっそう重要になってきますね。
寅吉の望遠鏡の件、ぜひ進展がありますように。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック