カテゴリー縦覧…星図編:古星図を眺める(2)2015年02月16日 20時26分10秒

フランスのル・ルージュの星図のつづき。

(北天の一部)

(南天の一部)

小さな画面に居並ぶ、小さな小さな星座たち。
あどけない表情が何ともかわいらしい。

まあ、昨日の記事に出てきた、星図研究家のWarnerに言わせれば、「A crude copy of the maps of La Hire.(ラ・イール星図の粗野なコピー)」ということになるのですが、オリジナルのラ・イール版は、直径が42cmもある大判星図なのに対し、このル・ルージュ版は、周囲の目盛り環を入れても直径10.5cmしかないのですから、表現が簡略化されるのは止むを得ません。

ちなみに、半球図を描く場合、現代の星図だと、天の赤道を基準に北天・南天を分割しますが、古い星図では黄道(1年かけて太陽が天球上を一周する通り道)を基準にする場合が多く、この星図もそうなっています。

   ★

昨日、この星図に格別特徴はないと書きました。

でも、周囲を飾る豆天体図に目を凝らすと、これがなかなか興味深いです。いずれも直径が2.5~2.8cmと、ちょうど500円玉ぐらいの大きさしかないんですが、たとえば太陽の図を見ると、「キルヒャー神父による太陽」と書かれています。


これぞ先日(2月3日)登場した、アタナシウス・キルヒャーの恐るべき太陽図(↓)の約100年後の子孫なのでした。

(画像再掲)

何だかほとんど原形をとどめていないし、Warner に言わせれば、これまた「粗野」の一言で片付けられてしまうでしょうが、何て言うんですか、やっぱり「かわいい」としか言いようのない味わいがあります。

そして月はといえば…


ガリレオのスケッチを元にした、これまた不思議な絵になっていますし、


木星(↑)や土星(↓)は、パリ天文台の初代台長・ジョヴァンニ・カッシーニが公にした図が元絵になっています。


正確さはさておき、こういう歴史的図像―ル・ルージュ当時から見ても、100年ないし150年も昔の絵ですから、相当古めかしい絵です―を切り貼りして並べて見せることは、当時の一般の嗜好に叶うものであり、さらに250年経った今これを眺めると、1枚の版画の内に、天文学の歩みが一層ギュッと凝縮して感じられます。

「画面全体にあふれる愛らしさ」と並んで、そうした「歴史絵巻」的面白さも、この星図の見所だと思います。

コメント

_ S.U ― 2015年02月17日 20時45分25秒

うーん。この星図の絵は、何となく中世風古拙の味わいがありますね。それでいて、南天の新しい星座まで描かれているので、場違いのおもしろさがあります。それから、小さな天体図は、バレンタインデー向けの惑星チョコみたいです。
 この星図は、かわいさ優先で意識的に天文学の最先端を放棄したアナクロ作品なのでしょうか。

_ 玉青 ― 2015年02月18日 19時39分35秒

一般向けの星図というのが、この場合ポイントかもしれませんね。
18世紀には、まだ天体観測を趣味にするような人は一般にいなかったので、星図を実用の具と考えることもなく、何となく星座のイメージを喚起できればそれで十分だったのでしょう。読者の側も、こういう古風な星図こそ「星図らしい星図だ」と思ってたんじゃないでしょうか。

観測の友として、実用性のある星図が一般に流通し始めるのは、まだ半世紀ないし1世紀ばかり後のことと思います。
そして、「かわいさ」とは、実用を離れたところに生じる性質であるのは、古今東西共通する点かと思います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック