カテゴリー縦覧…星図編:古星図を眺める(1)2015年02月15日 09時54分21秒

数年前、ドイツの業者から18世紀の星図を買いました。
格別何か特徴がある品、というわけでもないんですが、「数万円以下で流通している古星図って、たとえばどんなんだろう?」と考えたときに、参考になる品だと思うので、載せておきます。


買ったのはバイエルンの古地図・古版画の専門業者で、丁寧にマット装した状態で送ってくれました。昔から実店舗も構えており、一通りの見識を備えた店と見受けました。


マットの下の本体がこれです。
シートサイズは34.2×24.5cm、印面サイズは27×20cm。

タイトルは「Le Globe Celeste en deux plans Hemispheres(2つの半球図によって表現された天球)」。購入時の説明文には、「作者不明。美しいオリジナル手彩色を施したフランス製銅版画。1750年頃」とありましたが、今やドイツの専門業者が分からないことも、東海の小島の磯で素人がカシャカシャやれば分かる時代です。

で、たちどころに分かったのは、この星図が『Atlas Nouveau Portatif』(1756)という、パリで出版された地図集から切り取った一葉であり、作者は18世紀の地図メーカー、ジョルジュ・ルイ・ル・ルージュ(Georges Louis Le Rouge) だということ。

いったんそうと分かれば、あとは古星図の参考書、Warnerの『The Sky Explored』に当たればよく、ル・ルージュのこの星図には、さらに元図があって、フィリップ・ド・ラ・イール(Philippe De La Hire、1640-1718)が1705年に出版した星図がそれであること、ド・ラ・イールは、さらに17世紀初頭のヨハン・バイエルの星図を参考にしたことを、Warner は教えてくれます。

(なお、Warnerの本では、ル・ルージュは生年未詳、1778年没となっていましたが、フランス国立図書館のデータベースに当たったら、1712年にハノーヴァーで生まれ、1790年代没とありました。おそらく後者が正しいと思います。)

なんだかゴチャゴチャしているので、下に再整理。

■標題: Le Globe Celeste en deux plans Hemispheres.
 作者: Georges Louis Le Rouge (1712-179?)
 出所: Atlas Nouveau Portatif, 1756 (Paris)
 


なお、表面はきれいですが、舞台裏はこんな↓感じで、


本からベリベリ引き剥がしたことが一目瞭然。引き剥がしたのが件の業者であれば、星図の出所も分かったはずですから、たぶんもっと昔の人の仕業にちがいありませんが、貴重な古星図でも、ときに手荒い扱いを受けていることに胸が痛みます(それに間接的に手を貸しているのが、他ならぬ私ですから、なおさらです)。

(星図の細部は次回に。この項つづく)

コメント

_ Ha ― 2015年02月20日 03時20分38秒

『The Sky Explored』って、ずいぶん役に立つ本だったんですね。
持ってはいても、これまで、ろくに見てませんでした。(図が白黒なので…。^^;)

それにしても見事な調査、勉強になりました。^^

_ 玉青 ― 2015年02月20日 06時33分58秒

あはは、まあ参考書というのは、機会がなければ見ないものですよね。
でも、機会があれば、大いに役立つのがありがたいところです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック