元素のクロスワードの150年2019年01月11日 19時31分38秒

この前新聞を見ていたら、今年は「国際周期表年」だという記事が載っていました。ドミトリ・メンデレーエフ(1834~1907)が周期表を発表したのが1869年で、今年は「周期表誕生150周年」に当たるのを記念して、ユネスコが決めたのだそうです。

ここで、手っ取り早くウィキペディアの周期表の説明を見てみます。

一読して、これを理解できる人は幸せです。
残念ながら、私は三読しても十分に理解できませんでした。

これはいったいどうしたわけか? 文系出身であるにしても、私だって高校で「化学Ⅰ」を習ったし、理科趣味を標榜するぐらいには、科学に親しんでいるのです。それなのに、生まれてから150年も経つ周期表のことが、さっぱり分からないというのは、人類の知の進化に、いささか疑念を抱かせる事態ではありますまいか?

(ウィキペディア掲載の周期表)

…と、手前勝手な愚痴が出かかりましたが、そんなことはありません。

こんな愚昧な私の目にも、周期表は十分に美しく映ります。何せ、このシンプルな表の中に、物質のふるまいの法則性――いわば化学のエッセンス――が凝縮されているのですから。これは「E=mc2」なんかと並んで、少数のことばで宇宙の成り立ちを表現することに成功した、人類にとって記念碑的業績であり、やっぱり人類の知の進化は偉大です。

そして、周期表の面白さは、それがアインシュタインのような異能者の卓越した才ではなく、どちらかといえば、日曜クロスワードパズル的な頓智の才によって導かれたということです(こう言ったからといって、メンデレーエフの才覚を貶めることにはならないでしょう)。「ひょっとしてオレにも…」と、人を前向きな気持ちにさせるところが、周期表の良さでもあります。

   ★


上は1969年、周期表の誕生100周年を記念して、メンデレーエフの故国ロシア(旧ソ連)で発行された初日カバー(…というのは、記念切手の発行を祝して、記念切手と記念封筒、それに発行初日の記念消印をセットにした郵趣アイテムです)。


パズルを解こうと呻吟するメンデレーエフ。


こちらはメンデレーエフによるオリジナルの周期表手稿を取り入れた渋いデザイン。

   ★

それにしても150年というのは、長いような短いような。
上の切手が出た当時、私は幼いながらも、世の中のことを記憶に残せる年齢になっていました。あれからあっという間に50年が経ったのですね。実に感無量です。

この先、さらに200周年を迎えることも、可能性として無くもないですが、まあ元素に還って、天地を自在に往還している可能性の方が高いでしょう。これ以上、個人的な知の進化も望めませんから(むしろ退化ですね)、それもまた良し、です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック