貧窮スターゲイザー、草場修(3)2012年04月11日 20時15分00秒

(昨日のつづき)

一瞬たじろいだものの、鉄面皮の私は、さっそく一面識もない上門氏にメールを送り、ルンペン説についてどう思われるか、またメーカー勤務のソースは何か、率直にお聞きしてみました。

上門氏からは、その後数回にわたって、多くの資料とご意見をいただきました。
その中ではっきりした事実を、以下に箇条書きしてみます。

○「草場恒星図」は、「天界」昭和12年2月号で、「近日発刊 予約注文の受付開始」と広告され、その後、同年6月号の新刊紹介欄で取り上げられていることから、この間に刊行されたと考えられること。

(「天界」 昭和12年2月号より=小川誠治氏提供(上門卓弘氏のご手配による)=)
 
(「天界」 昭和12年6月号より=同上=。 記載星数が、広告では6133、新刊紹介では5133となっていますが、どちらが正しいかは不明。)

○「天界」昭和13年12月号の「東亜天文協会 地方委員」の住所録には、「広島県沼隈郡瀬戸村観測所」(黄道光観測所)の住人として草場の名が挙がっており、少なくともこの時点では路上生活者とは考えられないこと。(なお、この前年、昭和12年11月号では、同観測所の住人は本田實氏と荒木健児氏になっている。)

○草場は、「西星 第4号」(昭和18年11月)への寄稿論文の中で、自ら「某写真会社の乳剤研究部在職中の浅い経験であるため」云々と書いており、一時期メーカーに勤務していたのは事実らしいこと。

○「東星〔=関東を中心とした天文同好会の会誌〕第1号」(昭和17年3月)の裏表紙に「草場写真化学研究所」の広告があり、草場は当時、京都市左京区一乗寺に居を構え自営していたらしいこと。

(各種星図の複写をうたう広告。「東星 昭和17年3月号」より=上門卓弘氏提供=)

○「西星 第1号」(昭和18年3月)の編集後記によれば、草場はこの直前に、北海道へ日食観測に赴いたとおぼしく、当時それだけ生活に余裕があったと推定されること。

   ★

以上の点を踏まえて、上門氏は、「一時期、経済的に困窮したことがあるのかもわかりませんが、ルンペン云々はにわかに信じがたい気がします。…が、もしそうであるならば、路上生活を送りながら星図を作ったというのではなく〔…〕山本氏からの金銭的援助を受けながら完成させた、というのではないでしょうか」というご意見でした。

なるほど、これは後の回想ではなく、同時代資料に基づく推論ですから、非常に説得力があります(上門氏の挙げられた資料には、草場がルンペンであったことを匂わせる記述は一切ありません)。ルンペン云々の話は、ささいな事実にいろいろ尾ひれがついて広まった「神話」ではないか?…というところに、話は落ち着きそうでした。

さらに、草場星図の発刊準備が進んでいたとおぼしい、昭和11年暮れから12年夏にかけての新聞記事を丹念に読んでも、「ルンペン天文学者」の記事はまったく見つからず、このことも上の推測を裏付けているようでした。

が、しかし。

(緊迫しつつ、この項つづく)

【4月12日付記】 記事中に画像を追加しました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック